市民のみなさんとの情報の共有に努め、開かれた行政を推進するために、予算編成の過程を公開します。

予算編成方針

予算編成のスケジュール

平成26年度一般会計当初予算要求額

平成26年度一般会計当初予算査定の状況 

  

平成26年度予算編成方針 [242KB pdfファイル] 

 

予算編成のスケジュール

事項

日程

予算編成方針を全庁に通知

10月17日

予算編成事務説明会

予算見積書作成期間

10月18日~10月31日

予算見積書提出期限

11月1日

予算第一次ヒアリング・査定

11月5日~12月27日

予算第一次内示

1月6日

復活要求

1月7日~10日

予算最終ヒアリング・査定

1月14日~17日

予算最終内示

1月22日

  

平成26年度一般会計当初予算要求額(平成25年12月27日公開)

平成26年度志木市一般会計当初予算の、市役所各部署からの予算要求額がまとまりましたので、その概要を公開します。

一般会計においては、歳出予算要求額が約229億円であるのに対し、歳入予算見込額が約190億円と、歳出と歳入の差額は約39億円となっています。この差額を解消し、また、各事業の内容をより効果的なものとするため、現在、予算の査定を行っています。
なお、査定状況の公開については、平成26年2月頃を予定しています。

※査定とは・・・予算の事業内容や積算を調査し、内容を精査した上で額を決定することです。 

全体の概要 [122KB pdfファイル] 

事業一覧表 [317KB pdfファイル]   

 

 

平成26年度一般会計当初予算査定の状況(平成26年2月20日公開)

予算の査定は、大きく分けて「第一次査定」と「最終査定」の2段階で行われます。

第一次査定の流れ
  1. 事業担当課が予算額を積算し、予算要求を行います。
  2. 予算要求内容について、財政課が積算方法や事業量を見直し、査定を行います。
  3. 予算査定後の理由により、予算額の増減が必要となった場合の調整を行います。
    例:消費税率の引上げによる運賃等の料金改定が、予算要求後に決定
      第一次査定時には見込んでいなかった国の補助金 など

一次査定の状況 [391KB pdfファイル]   


最終査定の流れ
  1. 第一次査定の結果をもとに、事業担当部長が復活要求を行います。
  2. 復活要求をもとに、総務部長が査定を行います。
  3. 総務部長査定の結果をもとに、市長が査定を行います。 

最終査定の状況 [326KB pdfファイル]   

全体の概要 [114KB pdfファイル]