カパルがデザインされたマンホールふたを設置

和船「いろは丸」の船頭になったカパルと、いろは親水公園の桜が描かれている下水道マンホールふたが完成し、市内の2箇所に設置しました。

散策にマンホールふたの捜索を加えるなど、新しいメニューが加わった志木市の散策をお楽しみください。

設置開始日

令和2年4月1日(水曜日)から

設置場所

いろは親水公園のほか、カパルが出没しそうなところに設置しました。

マンホールふたのデザインについて

市政施行50周年を記念するとともに、下水道事業のイメージアップを図るため、マンホールふたのデザインを一般より募集し、令和元年9月、市民の選考委員によりデザインを決定しました。

今後の予定

  • 本市の下水道事業のPRとイメージアップを図ることを目的に、マンホールカードの制作のほか、さまざまな事業でデザインを活用します。
  • マンホールふたを追加制作し、市内数箇所に、順次設置します。

新デザインマンホールふた