冬場の水道管の凍結にご注意ください

気温がマイナス4度以下になると水道管が凍結する恐れがあります。

気温情報に十分注意していただき、水道管などの凍結防止策をしてください。 

凍結を防ぐ方法

散水、手洗い用など屋外にある蛇口で水道管が露出している部分があれば、凍結防止策をしてください。

市販されている保温カバーや古毛布などを巻きつけてビニールテープなどでカバーをする方法でも効果があります。

新聞紙や布などを丸めてビニール袋に入れてメーターボックスの中に入れてください。(検針の支障にならないようにしてください。)

水道管が凍結してしまったら

凍結した水道管にタオルをかぶせて、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて溶かしてください。

直接かけたり熱湯をかけたりすると、水道管が破裂する恐れがあるので、絶対にやめてください。 

水道管が破裂してしまったら

メーターボックス内のバルブで閉めて水を止めてください。

水を止めた後、志木市指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください(マンションなどの場合は管理会社などへ連絡してください)。