エアゾール缶(スプレー缶)やカセットボンベの処分について

エアゾール缶(スプレー缶)やカセットボンベ等の製品をごみとして排出する際は、きちんとガス抜きをして出さないと、収集車両内で引火や破損事故の原因となり、大変危険です。

適切な処分のご協力をお願いいたします。

処分方法

  1. 製品を最後まで使い切る
  2. 缶を振って音を確認する
  3. ガス抜きキャップがある製品については、火気のない風通しの良い野外でガス抜きキャップを使用して充填物を出し切る。
最後まで使い切り、市指定の黄色のカゴへ出してください。

エアゾール製品等の適切な処分方法(外部リンク)

一般社団法人日本エアゾール協会のホームぺージはこちらから