改正の概要

平成29年度税制改正により、平成31年度個人住民税(平成30年分所得税)から、配偶者控除及び配偶者特別控除が見直されます。

※所得税における見直しについては、国税庁ホームページをご覧ください。

配偶者控除の見直し(納税義務者の所得制限)

控除額は、納税義務者の合計所得金額に応じ、下記のとおりとなりました。

納税義務者の合計所得金額 控除対象配偶者 老人控除対象配偶者
900万円以下 33万円 38万円
900万円超 950万円以下 22万円 26万円
950万円超 1,000万円以下 11万円 13万円
1,000万円超 控除なし 控除なし

配偶者特別控除の見直し(配偶者の合計所得金額の拡大及び納税義務者の所得制限)

配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額は38万円超123万円以下(現行:38万円超76万円未満に拡大されました。

また、控除額は納税義務者の合計所得金額に応じて変動し、下記のとおりとなりました。

 

納税者の

合計所得金額

配偶者

控除

配偶者特別控除の額(1行目は配偶者の合計所得金額) (単位:万円)

 

~38 ~85 ~90 ~95 ~100 ~105 ~110 ~115 ~120 ~123 123~
~900 33 33 33 31 26 21 16 11 6 3
~950 22 22 22 21 18 14 11 8 4 2
~1,000 11 11 11 11 9 7 6 4 2 1
1,000~

※イメージ図

配偶者特別控除の拡大のイメージ図