軽自動車税とは

軽自動車税は、毎年4月1日現在、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車を所有している人に課税される税金です。
新たに所有したり住所、申告内容に変更があった場合は15日以内に申告してください。

また、譲渡したり廃車した場合は30日以内に申告し、ナンバープレートを返却してください。

4月1日に対象車両を所有していない場合でもこの廃車の手続きがされていないと、課税となりますのでご注意ください。

注意

  • 軽自動車税は年税額です。自動車税と異なり、4月2日以降の廃車、名義変更の場合、1年分の年額で課税され、月割課税や年度途中の還付制度はありません。
  • 軽自動車税は、対象車両を保有している人に課税される税金です。
    例えば、原付バイクを所有しているが、使用していないので一旦廃車(ナンバープレート返却)することは認められません。
    また、車検が切れていても課税されます。

 車種及び申告場所

車種

申告場所

  • 原動機付自転車
    • 125cc以下のバイク
    • ミニカー
  • 小型特殊自動車
     

志木市役所課税課
志木市中宗岡一丁目1番1号
電話:048-473-1111
手続きについてはこちらをごらんください。

  • 軽自動車三輪車
  • 四輪車

軽自動車検査協会埼玉事務所所沢支所
入間郡三芳町大字北永井360-3
電話:050-3816-3111

125ccを超えるバイク

埼玉運輸支局所沢自動車検査登録事務所
所沢市大字牛沼下原兀688-1
電話:050-5540-2029(テレホンサービス)

 県外ナンバー変更時の税止め手続き

県外の軽自動車検査協会や運輸支局で廃車または名義変更等の手続きをされた場合は、税止めの手続きが必要です。

志木市で課税されていた方は「税申告書の控え」「車検証返納証明書の写し」「新旧各ナンバーの車検証の写し」等を課税課市民税グループへ提出してください。
(税止めの手続きは、軽自動車検査協会等が有料で代行手続きをしているので、お問い合わせください。)

なお、手続きの代行を依頼された方は、手続きが完了していることを必ず確認してください。

  

原動機付自転車、二輪車、小型特殊自動車

車体課税の見直しを含めた自動車関係税制の抜本的な見直しが行われ、平成28年度から、軽自動車税の税率が次のとおりになりました。

車 種 区 分 税率(年額)
平成27年度まで 平成28年度から
原動機付自転車 50cc以下(ミニカーを除く) 1,000円 2,000円
定格出力0.6kw以下(ミニカーを除く)
50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
定格出力0.6kw超0.8kw以下
90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
定格出力0.8kw超1.0kw以下
ミニカー※1  20cc超50cc以下 2,500円 3,700円
定格出力0.25kw超0.6kw以下
二輪の軽自動車※2 125cc超250cc以下 2,400円 3,600円
二輪の被けん引車※2 2,400円 3,600円

二輪の小型自動車※2

 

250cc超 4,000円 6,000円
小型特殊自動車※3 農耕作業用 1,600円 2,400円
その他のもの 4,700円 5,900円

 ※1.三輪以上のもので車室を有し、又は側面が解放されている車室を備え、輪距が0.5mを超えるものがミニカーに該当します。

 ※2.二輪の軽自動車及び二輪の小型自動車は側車付を含みます。

 ※3.フォークリフト等の小型特殊自動車で公道を走らない車両についても軽自動車税が課税されますので、軽自動車税の申告を行い、標識の交付を受ける必要があります。

三輪及び四輪以上の軽自動車

平成28年度から重課税率、旧税率、新税率の税率が適用となりました

グリーン化を進める観点から最初の新規検査から13年を経過した車両には、重課税率が適用となり、13年経過していない車両は旧税率となります。

平成27年4月以降に新規検査を受けた車両については税率が引上げとなり(新税率)ました。

ただし、平成29年4月以降に新規検査を受けた車両についてはグリーン化特例(軽課)の適用となる場合もあります。<グリーン化特例適用条件>をご確認ください。

車種区分 税率(年額)

最初の新規検査から13年を経過した車両(注)(重課)

平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両(旧税率) 平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受けた車両(新税率)
三輪  4,600円  3,100円  3,900円
四輪以上 乗用 自家用 12,900円  7,200円 10,800円
営業用  8,200円  5,500円  6,900円
貨物用 自家用  6,000円  4,000円  5,000円
営業用  4,500円 3,000円  3,800円

(注)重課税率は、最初の新規検査を平成17年3月以前に受けた車両が対象です。
(動力源または内燃機関の燃料が、電気・天然ガス・メタノール・ガソリン電力併用の軽自動車及び被けん引車を除きます。)

 

グリーン化特例適用条件

三輪及び四輪以上の軽自動車で、排出ガス性能及び燃料性能の優れた環境負担の小さいものについては、翌年度分の軽自動車税の税率を軽減する特別措置、グリーン化特例(軽課)が適用されます。 

平成29年4月から平成31年3月までに最初の新規検査を受けた車両に適用され、軽課年度は検査を受けた年の翌年度のみとなります。税率は条件により異なりますのでご注意ください。

※平成29年度税制改正に伴い、この特例措置についての適用期限は2年間延長とされました。

※各燃料基準の達成状況は「自動車検査証 備考欄」の記載をご確認ください。 

車種区分 税率(年額)

(ア)軽課税率75%

(イ)軽課税率50% (ウ)軽課税率25%
三輪 1,000円  2,000円  3,000円
四輪以上 乗用 自家用 2,700円  5,400円  8,100円
営業用 1,800円  3,500円  5,200円
貨物用 自家用 1,300円  2,500円  3,800円
営業用 1,000円  1,900円  2,900円

  • (ア)電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減以上又は平成30年排出ガス規制適合)
  • (イ)乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+30%達成車
    貨物:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車
  • (ウ)乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車+10%達成車
    貨物:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車
  • (イ)、(ウ)については、ガソリンを内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。