ごみは正しく分別しましょう

中身の残ったスプレー缶やカセットボンベ、ライター、リチウム電池は、収集時に圧縮されガスが漏れることにより、車両火災を起こします。ごみ収集車が火災になるとごみ集積所に隣接する住宅や市民、収集作業員にも重大な被害を及ぼす恐れがあります。ごみ収集車の火災事故防止にご協力をお願いいたします。

スプレー缶

  1. 風通しが良く、火の気のない屋外で音がしなくなるまで噴射し、ガス抜きをします。
  2. ガスを出した後に缶に穴を開けてください。
  3. リサイクル資源の収集日に出してください。→黄色カゴに入れてください。

カセットボンベ

卓上カセットコンロなどで使いきりタイプのガスボンベです。

※使い切れず中身が残っていたり、錆びてしまった場合は処理困難ごみになります。一般廃棄物処理業者に処分を依頼してください。

ライター

  1. 操作レバーを押し下げ輪ゴムや粘着力のテープで止め固定します。
  2. そのまま火の気のない屋外に半日から1日放置します。
  3. 不燃ごみの収集日に出してください。→赤い三角のカゴに入れてください。

ライターの正しい出し方

 電池

電池が可燃ごみに混入されていたり、ボタン電池を重ねて入れたところ、その付近から発火した事例もありますので適切に分別と処分をお願いいたします。充電式電池、ボタン電池は環境センターでは処理できないため、市では回収できません。また電池入りの家電製品は、必ず抜いてください。

  • アルカリ電池、マンガン電池→赤い三角のカゴに入れてください。
  • ボタン電池→電気店などにあるボタン電池回収缶に入れてください。平たい面がプラス、少し出っ張りがある面がマイナスです。ボタン電池が重なり合うと一方の電池が導線として働き、電極がショートして発熱、破裂してしまう危険があるとのことです。そうした事態を避けるため、使用済のボタン電池を保管したり、捨てる場合は電池のすべての電極にセロハンテープやビニールフィルムを張り付け、絶縁するようにお願いします。

社団法人電池工業会(外部サイト)

  • 充電式電池(リチウム電池、二カド電池など)→リサイクルマークのついた充電式電池は、電気店などにある充電式電池リサイクルボックスに入れてください。

一般社団法人JBRC(外部サイト)