マイナンバーカードの申請方法

マイナンバーカードの申請は、地方公共団体情報システム機構から送付された通知カード下部の「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」に必要事項を記入し、6か月以内に撮影した無帽・正面・無背景の顔写真を貼り、返信用封筒に入れご郵送ください。

また、スマートフォン等で「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」のQRコードを読み取り、専用サイトからの申請や、まちなかの証明用写真機から申請を行う方法もあります。
詳しくは、マイナンバーカード総合サイト(外部サイト)をご覧ください。

なお、通知カードを受け取った日以降に申請書の記載事項が変更された方に関しては、通知カードに同封された交付申請書で申請することはできません。市役所窓口にて新しい申請書を発行いたしますので、お問い合わせください。

マイナンバーカードの申請から受け取りの手順は以下のとおりです。

  1. 申請書を郵送する(または専用サイトから申請する)
  2. 市役所からマイナンバーカード交付準備完了の通知が届く
  3. 必要書類を持って市役所で交付を受ける
注意事項
  • 申請書の郵送には通知カードに同封されていた返信用封筒をお使いください。
  • 返信用封筒は世帯単位で一枚しか同封されていないため、なくなってしまった場合には市役所で用意した代わりの封筒がございますので、お申し出ください。(切手が必要です)
  • ご自身で封筒を用意する場合は下記の宛先に送付してください。
    〒219-8730
    日本郵便株式会社 川崎東郵便局 郵便私書箱第2号
    地方公共団体情報システム機構 個人番号カード交付申請書受付センター 
  • 申請してから交付通知の発送まで約1ヶ月ほどかかります。

※「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」に記載されている氏名、住所、生年月日、性別と最新の住民票の内容が異なる場合は、その申請書(QRコードの利用を含む)を使わないでください。(外国人住民の方で在留期間が変更された場合も利用しないでください。)
申請前に、総合窓口課にて、最新の内容が記載された申請書をお受け取りのうえ申請してください。

マイナンバーカードの交付

  • マイナンバーカードの交付準備が整いましたら市役所から通知が届きますので、下記の必要書類をご用意ください。
  • 交付準備に時間がかかるため、お待たせしないよう電話でのご予約とさせていただいているので、ご協力をお願いします。
  • 交付可能な時間帯は月曜から金曜日は9時から17時まで、日曜日は9時から12時までです。
    土曜、祝日、第三土曜翌日の日曜日は交付を行っていませんのでご注意ください。
  • 交付に際し、暗証番号を設定していただきますので、ご用意ください。
暗証番号の種類は以下の4種類です。
  1. 署名用電子証明書の暗証番号
  2. 利用者証明用電子証明書の暗証番号
  3. 住民基本台帳事務用の暗証番号
  4. 券面事項入力補助用の暗証番号

※署名用電子証明書は、パソコンを利用したe-Taxなどの電子申告に必要な電子証明書です。
利用者用電子証明書は、コンビニのマルチコピー機で住民票や印鑑証明を取得するために必要な電子証明書です。
1は6から16ケタの英数字交じりの暗証番号、2から4は数字4ケタの暗証番号です。
2から4の3つの暗証番号は共通のものを設定することもできます。

必要書類
  1. 個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書(ハガキ)
  2. 通知カード及び住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)※返納が必要となります。
  3. 本人確認書類 ※資料の詳細は下記に記載
  4. 代理権の確認書類(15歳未満の者の法定代理人(親権をお持ちの保護者)で、同一世帯の親等は不要。)
本人確認資料については、以下の書類のいずれかをお持ちください。
  • A. 次のうち1点

住民基本台帳カード(写真付きのものに限る。)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)、パスポート、身体障害者手帳、精神障害保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書

  • B. Aをお持ちでない方は、次のものを2点

健康保険証、年金手帳、社員証、学生証(顔写真入り)、学校名が記載された各種書類、ご本人名義の預金通帳、医療受給者証

代理での交付を希望される方は、通常の必要書類に加え以下の書類をお持ちください。
  1. ご本人が来庁できないことを証明する書類(障害者手帳・医師の診断書・本人が入院していることを証明する書類など)
  2. 委任状、もしくは市役所からの交付通知書の代理人欄を記入したもの
  3. 代理人の本人確認できる書類(上記Aのものを2点、またはA・B一点ずつ、 )
  4. ご本人の本人確認できる書類2点(上記Aのものを2点、またはA・Bを1点ずつ、またはBを3点(うち写真付き1点以上))

※本人が病気や障がい、その他やむを得ない理由により来庁できない場合のみ、代理での交付ができます。
仕事が忙しいなどの理由での代理交付は受け付けておりませんのでご注意ください。

マイナンバーカードの記載事項が変更された場合

転入や婚姻などによって、マイナンバーカードの記載事項(住所・氏名)が変更になった場合には、マイナンバーカードの情報も書き換える必要があります。
市役所総合窓口課または志木市役所出張所(仮設)・柳瀬川駅前出張所までマイナンバーカードをお持ちのうえ、手続きを行ってください。
その際には、設定してある暗証番号が必要となりますので、ご用意ください。

通知カードとマイナンバーカードの違い

マイナンバー制度には通知カードとマイナンバーカードのふたつのカードがあります。通知カードは、日本に住民票を置くすべての方に送られる、マイナンバーをお知らせするためのカードで、志木市には平成27年11月ごろ送付されています。(出生や国外転入によりマイナンバーが新規付番された方は、それ以降に送付)マイナンバーカードは申請された方のみに交付する、顔写真付きのカードとなっており、本人確認資料として使用することができます。
なお、通知カードにつきましては本人確認資料として使用できませんのでお気をつけください。

その他

志木市では、マイナンバーカードをご利用して、コンビニエンスストアで住民票等の証明書が取得できるなど、今後も活用の場が拡がっていきますので、ぜひご申請ください。

通知カード未受取の方

まだ通知カードを受け取っていない方は、市役所に通知カードが返戻されている可能性がありますので、市役所総合窓口課まで、お早めにお問い合わせください。

参考リンク

総務省マイナンバーカードホームページ(外部サイト)

マイナンバーカード総合サイト(外部サイト)