志木市内の水道水の放射性物質検査結果報告

志木市内で採水した水道水と井戸水の放射性物質の検査結果は以下のとおりです。

  • 志木市内の検査結果は、国の指標を下回っています。
  • 平成24年2月分検査より新たな国の指標案により放射性セシウムについては、管理目標値10Bq/Kgに変更し測定を行っています。

国の指標 

放射性ヨウ素
(ヨウ素131)
放射性セシウム
(セシウム134、137の総量)

300Bq/kg

(乳児の飲料水は100Bq/kg)

2月より:10Bq/Kg

1月まで:200Bq/kg

測定単位Bq(ベクレル)/kg(キログラム)(検出限界値は1Bq/Kg)

 

志木地区の水道水

物質名 放射性ヨウ素
(ヨウ素131)
放射性セシウム
(セシウム134、137の総量)

7月採水

不検出 不検出

 

宗岡地区の水道水

物質名 放射性ヨウ素
(ヨウ素131)
放射性セシウム
(セシウム134、137の総量)

7月採水

不検出 不検出

 

井戸水 

物質名 放射性ヨウ素
(ヨウ素131)
放射性セシウム
(セシウム134、137の総量)

7月採水

不検出 不検出

検査については、継続的に実施してまいります。
※放射性物質の検査については、平成23年9月から月1回の検査を行ってきましたが、平成23年4月の検査からは検出されていません。このため、平成24年4月1日付け厚生労働省健康局水道課通知の「3ヶ月連続して水道水又は水道原水から放射性セシウムが検出されなかった場合、以降の検査は3ヶ月に1回に減ずることができる。」に基づき、平成29年度からは3ヶ月に1回(月の中旬予定)とします。

平成23年3月から先月までの過去データはこちらです。