エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機の廃棄について

これらの家電製品は、「特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)」の対象になり、市役所では回収できません。

家電リサイクル法について

家電製品には、リサイクル可能な資源が多く含まれていることから、ごみの減量・資源のリサイクルを推進するために、平成10年に制定されたのが、特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)です。

また、リサイクルのための役割分担として、小売店が廃棄物の収集・運搬を、製造者がリサイクルの義務を、消費者(排出者)がリサイクルにかかる費用を負担します。

該当製品

エアコン・テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ式)・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機

廃棄方法

  • 買い換えの場合
    小売店に運搬料金とリサイクル料金を支払い、引き取ってもらいます。
  • 廃棄のみの場合
    • 回収をしてもらう…製品を購入した小売店へ依頼してください。ただし、小売店が遠方や不明の場合は、以下の収集運搬許可業者へ依頼してください(運搬料金がかかります)。
    • 自ら持ち込む…リサイクル料金を確認し、ゆうちょ銀行でリサイクル料金を支払い、受け取った「家電リサイクル券」と製品を、以下の指定引取場所に持ち込んでください(運搬料金はかかりません)。

収集運搬許可業者・指定引取場所一覧.pdf [315KB pdfファイル]      

参考サイト

家電リサイクル法の詳細については、次のホームページをご覧ください(志木市のサイトではありません)。

財団法人家電製品協会ホームページ

経済産業省ホームページ

環境省ホームページ