平成23年9月に実施いたしました路上喫煙禁止地区の指定の拡大に対する意見公募に、貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。

 意見公募の結果及び市の考え方について公表いたします。

  1. 意見公募期間

平成23年9月1日木曜日から平成23年9月30日金曜日まで

  1. 意見募集状況
人数 意見件数
個人 団体
3人 0人 3件

 

区分

意見を反映し、修正・加除(一部を含む)を行ったもの

原案のとおりとするもの
その他(素案に直接関係のない内容等)

 

No. 意見 意見に対する
市の考え方

区分

1
  • 喫煙所を設置すべきである。
 禁止地区につきましては、受動喫煙による健康被害を受ける影響が高い、駅周辺の地域を指定しています。受動喫煙から市民の健康を守るため、喫煙所の設置は考えておりません。
2
  • たばこの吸い殻の投げ捨ては、まちを汚し、危険である。また、たばこは健康に有害である。これらのことを市民に周知すべきである。
 市では現在路上喫煙禁止地区を指定し、また、ポイ捨て防止の周知も行っております。「空気もおいしいお店事業」や、禁煙に取り組む市民をサポートする「そろそろ卒煙しま専科」の教室も開催しております。今後も市民の健康を守るための各種事業に取り組んでまいります。

 

3
  • ユリノ木通りに面した歩道には、たばこの吸い殻が捨てられている。いこいの小径が禁止地区になると、さらに増えるのではないかと思うので、柳瀬川駅からユリノ木通りの柏町6丁目交差点までの歩道を禁止地区に加えてほしい。 
たばこの吸い殻のポイ捨ては、たいへん危険な行為です。禁止地区の拡大の周知の時にあわせて、ポイ捨ての防止についても啓発に努めてまいります。