赤十字とは 

国際赤十字・赤新月社連盟を通じて世界186カ国につながる国際的な組織で、日本赤十字社は東京に本社を置き、各都道府県にそれぞれ支部を置いています。
埼玉県支部では、市、区に地区、町村に分区を置いて活動しています。

赤十字社の活動

災害時の被災地教護・支援活動をはじめ、医療や血液事業の推進、救急法等の講習会の開催といった安全と健康を守るための知識と技術の普及を行っています。
また、国際活動として、開発途上国への援助、紛争などによる難民の救済に日本赤十字社は積極的に取り組んでいます。
志木市地区では、不幸にして水害火災に遭われた人たちへの、援護物資の配布や血液事業の推進などの事業を行っています。
これらの事業資金は、赤十字社員(会員)の人たちに協力をいただく社資によって賄われています。

社員制度

日本赤十字社は、一定の社費を納める社員(会員)によって組織された法人です。
「社員」とは赤十字事業を理解され、毎年500円以上の金額を納めていただいた、個人・法人・団体をいい、毎年5月に「赤十字運動月間」として分区(町内会)を通じて、赤十字社社員への加入と、社資協力をお願いしています。
皆様から寄せられた社資は、被災地での活動や、救援物資等にあてられます。