日時:平成18年6月27日

 

■内容
○ 前回(5/31)の活動内容について報告(説明)
○ 今回は、前回選定した対象地区の現況調査について説明。
 ◇実態調査
  (1)社会的条件調査    ・人口、世帯の状況
            ・権利関係(土地所有の特徴を把握)
            ・社会的圏域(学校区、自治会、商店会等)
             ・まちづくりの履歴(富士前田子山地区に対する行政、住民のまちづくり活動の状況)
            ・地区の行事 等
  (2)物的条件調査   ・土地建物利用状況
            ・開発行為等の状況
            ・地区の基盤整備状況
            ・公共公益施設状況
            ・自然、歴史的環境
            ・災害履歴  等
  (3)現地調査     ・上記のような総合的な把握
            ・地形など上記調査で分からない点の補足調査
 ◇地区住民意向調査

調査内容

調査内容

調査のポイント

(1)居住者、地権者の属性

・年齢
・家族構成
・職業
・居住地、前居住地  等

・対象者の属性を把握することで、地区の将来の変化を推測する。

・市民参加の組織づくりをするための資料とする。

(2)地区の環境評価、問題点の抽出

・良好と思う環境要素
・問題のある環境要素
・不足している環境要素 等

・実態調査の補足資料とし、まちづくりの課題抽出に活用する。

(3)地区の将来イメージ

・望ましいと考える地区の将来イメージ 等

・地区の将来像、まちづくりの目標を構築に活かしていく。

・地区の現状を放置した場合と比較して、地区整備の重要性の認識を高めていく。

(4)将来の居住、土地利用の意向

・居住意向(永住か転居か)
・営業意向
・不動産経営の意向
・土地等権利譲渡の意向 等

・対象者の今後の動向から地区環境変化を予測し、地区整備計画の立案に活かしていく。

(5)まちづくりへの参加の意向 

・計画策定への参加意向の把握
・行政に対する要望

・住民参加の組織づくりに役立てる。
・整備手法の検討に活かしていく。