国民健康保険に加入しなければならない人・加入をする時、やめる時

わたしたちは、いつ、どこで思いもよらない事故や病気にあうかもしれません。

そのようなときに経済的な負担が少しでも軽くすむように、ふだんから収入に応じてお金を出し合い、国・県・市からの補助と合わせて、医療費に充てようという相互扶助を目的に生まれた制度が、国民健康保険です。 

社会保険の取得・喪失に伴う国民健康保険の届け出窓口は、市役所1階保険年金課になります。各出張所では受付できませんのでご注意ください。なお、市役所では年金のお手続きについても併せて承ります。手続き内容についてはこちらをご確認ください。

加入しなければならない人

職場の健康保険や国民健康保険組合に加入している人とその扶養家族や生活保護を受けている人、後期高齢者医療制度に加入している人などを除いて、市内に住んでいる人はすべて国民健康保険に加入しなければなりません。

加入する時、やめる時

 原則14日以内に手続きを行ってください。 

こんな場合の手続き 持参するもの
国保に入る時 転入したとき
  • 転出証明書
    ただし、家族の中で、すでに国民健康保険に加入している人がいるときは、国民健康保険被保険者証(以下、被保険者証)
勤め先の健康保険をやめたとき
  • 健康保険の喪失年月日が記載されている証明書又は退職日が記載されている証明書(扶養の家族がいる場合、扶養の方全員の名前と喪失年月日が記載されている証明書)
  • 公的機関が交付した顔写真付きの証明書(例:運転免許証、パスポート等)
家族の勤め先の健康保険の扶養から外れたとき
  • 健康保険の喪失年月日が記載されている証明書(離職票等では被扶養者の情報は記載されておりません)
  • 公的機関が交付した顔写真付きの証明書(例:運転免許証、パスポート等)
子どもが産まれたとき(家族の勤め先の健康保険に加入させない場合)
  • 出産育児一時金の振込先金融機関の口座番号など
  • 公的機関が交付した顔写真付きの証明書(例:運転免許証、パスポート等)
生活保護を受けなくなったとき
  • 生活保護廃止決定通知書
  • 公的機関が交付した顔写真付きの証明書(例:運転免許証、パスポート等)
国保をやめる時 転出したとき
  • 被保険者証
会社などに就職したとき(社会保険、共済組合などの加入者および扶養になったとき)
  • 社会保険・共済組合などの被保険者証、又は資格取得証明書
  • 国民健康保険の被保険者証
死亡したとき
  • 被保険者証
  • 葬祭費の振込先金融機関の口座番号など
  • 葬儀費用の領収書
生活保護を受けたとき
  • 被保険者証
  • 生活保護開始決定通知書
その他 住所、世帯主、氏名などが変わったとき
  • 被保険者証
被保険者証をなくしたとき
  • 公的機関が交付した顔写真付きの証明書(例:運転免許証、パスポート等)
汚れたり、破損して被保険者証が使えなくなったとき
  • 使えなくなった被保険者証
  • 公的機関が交付した顔写真付きの証明書(例:運転免許証、パスポート等)
修学のため、被保険者が他市町村へ転出するとき
  • 在学証明書又は学生証
  • 転出先地の住民票

※公的機関が交付した顔写真付きの証明書が無い場合は、お名前(手書きでない)入りの証明書類を2点以上ご持参ください。(例:年金手帳、マイナンバー通知カード等)